top of page

LinkedIn(リンクトイン)の使い方は?企業の採用担当者が効率的に使う方法を解説します。




世界最大のビジネス特化型のSNS、LinkedIn(リンクトイン)。利用者数は全世界9億人以上と言われています。日本でもLinkedIn(リンクトイン)は300万人以上の利用があると言われ、日本国内でも徐々に利用者が増えています。各主要のSNSの利用者と比較すると少ないように見えますが、Wantedlyやビズリーチなどの転職サービスと同等のユーザー数が存在しています。


本記事では、LinkedIn(リンクトイン)の使い方について説明します。ビジネスやキャリアの世界で広く活用されている世界最大級のソーシャルネットワーキングサービスであり、ユーザーと企業の両方がさまざまな機能を利用して自己表現や情報交換を行っています。


また、日本でもここ数年、登録型採用サービスや転職エージェントなど既存手法だけでは採用計画達成が難しくなっており、潜在層採用を目的として活用している企業が増えています。今回は、企業が使える機能や効率的な使い方について詳しくご紹介します。


・LinkedIn(リンクトイン)を使ってみたいが自社採用に適しているかわからない

・LinkedIn(リンクトイン)の効率的な使い方について知りたい

・他社がどのようにLinkedIn(リンクトイン)を活用しているか気になる

このような方はぜひご覧ください。


===

目次

===


LinkedIn(リンクトイン)の基本機能

LinkedIn(リンクトイン)は、個人と組織がビジネスやキャリアに関する情報を共有し、ネットワークを築くためのプラットフォームとして機能しています。以下はLinkedInの基本機能の一部です。


会社ページ

LinkedIn(リンクトイン)会社・団体ページは、LinkedIn(リンクトイン)上で法人としての情報を集約した機能です。

会社・団体ページは、LinkedIn(リンクトイン)ユーザーが法人の事業内容やブランド、製品とサービス、求人情報について詳しく知ることができる場所です。

ユーザーや候補者がみた時に、会社や事業、採用情報について詳しく見ることができるようにできる限り詳細な情報を入力しましょう。情報が多く整理されている方が、候補者から見た時の信頼性が高まり、結果として返信率UPにも繋がります。


LinkedIn(リンクトイン)の会社ページはとても簡単に作ることが可能です。


作成手順

 1.LinkedIn(リンクトイン)ホームページの右上にある「その他」アイコンをクリック

 2.「会社ページを作成」をクリック

 3.事業の大きさに応じて「スモールビジネス」または「中規模から大規模ビジネス」から選択

 4.ページのアイデンティティ、会社または機関の詳細、プロフィール詳細情報を入力

 5.「ページを作成」をクリック


Slideshare(スライドシェア)

Slideshare(スライドシェア)とは、LinkedIn(リンクトイン)が運営している資料をスライドショーとして公開できる機能です。

アカウント登録さえすれば無料で利用することができます。


採用向けの資料を作成し、Slideshare(スライドシェア)を利用すれば、直接LinkedIn(リンクトイン)のページに掲載することが可能です。


つながり機能

ユーザーとフォロー・フォロワー関係を構築することが可能です。

ユーザーの属性などを検索し、コンタクト申請することができます。


コンタクト(メッセージ)

フォロワーの関係になったユーザーにメッセージを送付することができる機能です。

また、参加しているグループのメンバーとはつながりがなくても、グループ内で連絡をすることが可能です。


足跡

どのようなユーザーがページを訪れたかを確認することができる機能です。(ユーザーのページを訪れても同じく足跡はつきます)

もし候補ユーザーに足跡を見られたくないという方はリクルーターライセンス(有料プラン)に入る必要があります。

ライセンスに加入すると、候補ユーザーには「匿名ユーザー」として足跡が非表示になります。



有料機能

採用ページ(カルチャーページ)

企業情報の詳細を紹介することができる機能です。

採用情報や、働く人などの情報を掲載することで、採用ブランディングを高めることができます。


InMail

つながりや紹介、連絡情報がなくとも、LinkedIn(リンクトイン)のユーザーに直接プライベートメッセージができる機能です。

InMailメッセージは、件名に最大200文字、本文に最大1,900文字まで入力できます。


求人掲載

Linkedin(リンクトイン)内には、求人掲載する機能があります。求人掲載は1枠あたりから購入可能です。

※1枠に対して応募職種を変更できます。


求人掲載をすることによって、LinkedInを利用している転職潜在層に対して、HPの採用ページを通さずに直接採用情報を伝えることができるため、関心と応募意向をスムーズに獲得することが可能です。


また、LinkedIn(リンクトイン)はグローバル企業が利用していることから、外資企業の求人が多くあり、その求人は英語で表記されていることがほとんどです。もし、グローバル人材や語学力を重視した採用を強化している会社は、日本語表記と合わせて英語表記の求人を合わせて掲載してみるのも効果的でしょう。



企業側のLinkedIn(リンクトイン)の活用方法



次に、LinkedIn(リンクトイン)を企業の採用担当者が使う具体的な方法について説明します。

LinkedIn(リンクトイン)は近年、日本においても採用担当者にとって非常に重要なツールとなっており、次のような採用活動を実現することができます。


ユーザーの検索と特定

LinkedIn(リンクトイン)を使って、企業の採用担当者は、スキル・経験・業界などのキーワードを使用して適切なユーザーを検索することができます。LinkedIn(リンクトイン)は細かい条件で高度な検索をすることができるため、特定の職種やポジション、専門的な資格を持つ人材を見つけることも可能です。


ユーザーの経歴確認

LinkedIn(リンクトイン)のプロファイルには現職の企業名や業務内容だけでなく、学歴や過去に在籍した職務経験の詳細が掲載されているので、企業の採用担当者はこれらの情報を基に候補者の情報を総合的に確認し、自社に適した人材かを判断することができます。


例えば、エンジニアであれば、言語スキルだけではなくtoBもしくはtoCサービスの開発に携わっていたのか、異業種からエンジニアへ転職したのかなどの情報も参考になるでしょう。

また、キーパーソンやハイレイヤーに対しては、過去に在籍していた企業や同じ学校を卒業したアカウントからアプローチをすることも返信率を高めるための手段として効果的です。


アプローチと繋がりを広げる

企業は繋がりたいユーザーに直接連絡を取り、転職の機会について話を進めることができます。自社の採用ターゲットとなるユーザーと繋がりを広げ、タレントプールを構築することで継続的な採用成功を実現することができます。


また、求人掲載で繋がりを広げることにも繋がります。自社に関心のある候補者からエントリーや問い合わせがあった場合、意欲の高いユーザーとの接点を広げることができます。


企業ブランドの構築

企業はLinkedIn(リンクトイン)を使い、自社の文化や価値を投稿することでアピールし、継続的にコミュニケーションをとることで、候補者からの関心を引き付けることができます。

採用競争が激しい業界やポジション採用をする上で、採用ブランディングの強化は欠かせない要素となっており、これらの活動を通じて、LinkedIn(リンクトイン)は企業が有能な人材を発見し、採用プロセスを効率的に進めるのに役立っています。



LinkedIn(リンクトイン)を企業が使うメリット

以上の機能により、企業がLinkedInを使うことで採用の観点では、いくつかのメリットがあります。


採用コストの削減

転職エージェントからの紹介と比べてダイレクトリクルーティングでの採用は大幅に採用費を削減することができます。近年、労働人口の減少や採用競争の激化によって転職エージェントでも転職者の確保が難しくなっているため、中長期的な観点でもダイレクトリクルーティングをスタートし採用力強化をすると良いでしょう。


母集団拡大

採用サービスに登録している候補者だけでは限りがあるため、これまでアプローチができていない層を探し、アプローチをすることが必要になってきています。LinkedInを始めとしたSNSを活用することで、非登録候補者、いわゆる転職潜在層へアプローチをすることができるため、大幅な母集団拡大をすることができるでしょう。


自社に適した人材、優秀層の発見

LinkedIn(リンクトイン)を利用しているユーザーは、優秀層が多いと言われています。ビジネス感度が高い方や外資企業、最先端のテクノロジーに関する情報をキャッチしたいと考えている方、事業責任者クラスや経営者など、転職市場において市場価値の高いハイレイヤー人材の割合が多いのが特徴です。


これらのことから、LinkedIn(リンクトイン)は企業にとって、採用活動における非常に強力なツールであり、適切に活用することで企業は優秀な人材の獲得につなげることができることがわかります。

また、LinkedIn(リンクトイン)だけでなく他SNSの活用や転職潜在層の獲得を進めることで、採用力強化に繋がるはずです。



LinkedIn(リンクトイン)の活用方法に関して、以下のテーマは別の記事にまとめていますのでご興味あればこちらもご覧ください。

・LinkedIn(リンクトイン)で返信がもらえるメッセージ方法


・LinkedIn(リンクトイン)の足跡は見られてる?確認方法を解説します。



潜在層採用なら「AUTOHUNT」

AUTOHUNTは、LinkedIn(リンクトイン)をはじめとしたSNSやWEB上のオープンデータと連携し、400万以上のデータベースから適切な人材を見つけることができる国内最大級の非登録型採用サービスです。


今まで出会えなかった優秀な人材へいち早くアプローチしませんか?



閲覧数:23回0件のコメント

Comentários


bottom of page