top of page

LinkedIn(リンクトイン)を中途採用で活用すべき理由を解説

目次


そもそもLinkedIn(リンクトイン)とは


LinkedInとは

LinkedIn(リンクトイン)は2003年にリードホフマン氏が設立した、全世界で約9億人が利用する世界最大のプロフェッショナルネットワーキングサイトであり、ビジネスの世界でのつながりとキャリアの発展に役立つサービスです。

LinkedIn(リンクトイン)は、個人のプロフィールや職歴、スキル、業界のつながりなどを活用して、ビジネスの機会や求人情報を提供します。


日本では、2011年にLinkedIn(リンクトイン)日本法人が立ち上げられたものの、日本向けのローカライズには力が入れられずユーザー数が低迷する時期が続いていた。

しかし2017年に元Yahoo!の村上臣氏(2022年退任)が日本法人の代表に就任してからは組織体制が強化されるようになった。

結果として2023年現在、国内でおよそ300万人以上のユーザーが利用していると言われています。



LinkedIn(リンクトイン)の特徴

LinkedIn(リンクトイン)は、一見Facebookと近いSNSと思われますが、詳細は異なっております。

Facebookは知り合いのみへの投稿ができたり、プライベートに寄っているサービスに対して、 LinkedIn(リンクトイン)は完全にビジネスに寄ったとなっています。


そんな LinkedIn(リンクトイン)の特徴の詳細を説明いたします。


ビジネスに特化したソーシャルネットワーク

前述したように LinkedIn(リンクトインは、ビジネスの目的に特化したソーシャルネットワーキングサービスです。

ビジネス関連の情報やネットワーキングを目的としており、ビジネスパーソンにとって重要な情報やコネクションの場を提供しています。


プロフェッショナルなネットワーキングの構築

LinkedIn(リンクトイン)では、ビジネス上のつながりを築くためのプロフェッショナルなネットワーキングが可能です。ユーザーは自分のプロフィールを作成し、同業他社や業界関係者とつながることができます。のチャンスやパートナーシップを見つけることができます。


専門知識や情報の共有

LinkedIn(リンクトイン)では、専門的な知識や業界の情報を共有できます。

これにより、業界内のトレンドや最新情報にアクセスし、自身の専門性を高めることができます。


採用活動の重要なツール

LinkedIn(リンクトイン)は、採用活動においても重要なツールとなっています。

企業は LinkedIn(リンクトイン)上で求人情報を掲載し、候補者とつながることができます。

また求職者も自身のプロフィールが採用担当者に届くように最適化しています。


ビジネスコミュニティへの意欲的な参加ができる

LinkedIn(リンクトイン)は、ビジネスコミュニティに参加する場としても活用されています。

業界のイベントやグループに参加することで、同じ興味や興味を持つプロフェッショナルと交流やつながりを築くことができます。

ビジネスに関する情報交換や相互の支援、個人や企業の成長を促進することも可能となっています。


LinkedIn(リンクトイン)を中途採用に導入すべき理由

ビジネスに特化したSNSであるため

LinkedIn(リンクトイン)は、ビジネスに特化したソーシャルネットワーキングサービスです。

ビジネスの目的に特化したプラットフォームであり、ビジネス関連の情報やネットワーキングを目的としたユーザーが集まっています。

サービス性質上、社会人経験をしているユーザーが大半を占めています。そのため専門的なスキルや経験を持つ候補者とコミュニケーションを取ることができ、中途採用との相性がいいと判断できるでしょう。


基本的に実名登録である

LinkedIn(リンクトイン)では、ユーザーのプロフィールや経歴が公開されるため、匿名性が低いという特徴があります。

中途採用においては、候補者の信ぴょう性や経歴を確認することが重要です。

LinkedIn(リンクトイン)を活用することで、候補者のプロフィールや職歴を詳細に確認することができ、より正確な判断を行うことができます。


感度の高いユーザーが多い

LinkedIn(リンクトイン)は冒頭で説明してますが、日本国内の利用ユーザーは約300万人ほどです。

そのため、最新の情報を得るために先立ってLinkedIn(リンクトイン)を始めているユーザーが多いです。

実際にPew Research Centerのデータによると、米国のLinkedIn(リンクトイン)を利用しているユーザーは収入が高い傾向にあります。


特に即戦力採用に重きをおいている企業は、LinkedIn(リンクトイン)を利用して中途採用を行うことで、情報に敏感な感度の高いユーザーを採用できる可能性があります。


以上のように、LinkedIn(リンクトイン)を中途採用に導入する理由としては、ビジネスに特化したSNSであること、匿名性が低く信ぴょう性の高い情報が得られること、感度の高いユーザーが多いことが挙げられます。

LinkedInを活用することで、より効果的な中途採用を実現し、優秀な候補者との出会いを促進することができます。


※LinkedIn(リンクトイン)求人の掲載方法は以下の記事でご確認ください。



LinkedIn(リンクトイン)の中途採用を効率化させるなら「AUTOHUNT」


LinkedIn(リンクトイン)は他のSNSにはないビジネスに特化しており、ゆえに採用活動に利用すると非常に便利です。

ですが、何から始めていいかわからない方も多くいると思います。


「AUTOHUNT」なら何から始めていいかで悩むことはなく、LinkedIn(リンクトイン)をはじめとしたSNSやWEB上のオープンデータと連携しているので、データベースから求人に対してピッタリな人材を見つけることが可能です。

特許取得済みの技術を持っており、プールした人材をAIによってマッチングさせることで、採用業務の工数削減にも繋げることもできます。


今まで出会えなかった優秀な人材へいち早くアプローチしませんか?


LinkedIn_AUTOHUNT


閲覧数:88回0件のコメント

תגובות


bottom of page