top of page

LinkedIn(リンクトイン)の活用方法:学生が知っておくべき最適な使い方とは?


著作者:freepik</a>


世界最大のビジネス特化型のSNS、LinkedIn(リンクトイン)。利用者数は全世界9億人以上と言われています。日本でもLinkedIn(リンクトイン)は300万人以上の利用があると言われ、日本国内でも徐々に利用者が増えています。各主要のSNSの利用者と比較すると少ないように見えますが、Wantedlyやビズリーチなどの転職サービスと同等のユーザー数が存在しています。


本記事では、LinkedIn(リンクトイン)について、学生が知っておくべき最適な使い方を説明します。ビジネスやキャリアの世界で広く活用されている世界最大級のソーシャルネットワーキングサービスであり、ユーザーと企業の両方がさまざまな機能を利用して自己表現や情報交換を行っています。


これからキャリアをスタートさせる学生にとって、就職活動でもキャリアスタート以降でも、早いタイミングからLinkedIn(リンクトイン)を活用することは多くのメリットがあります。


・LinkedIn(リンクトイン)を就職活動に活用したい

・LinkedIn(リンクトイン)を使って就職後、ビジネスの情報交換をしていきたい

このような方はぜひご覧ください。


===

目次

・企業は学生を採用するときにこう使う!

・潜在層採用ならAUTOHUNT

===


LinkedIn(リンクトイン)とは?

LinkedIn(リンクトイン)は、世界中で9億人以上が利用するビジネス特化型のソーシャルネットワーキングサービスで、特にプロフェッショナルな人脈の構築とキャリアの発展に役立ちます。日本国内でも300万人以上が活用しており、学生から社会人まで幅広い層に支持されています。そのユニークな機能と広範なネットワークは、ビジネスの世界において重要な役割を果たしています。


学生が使うことのメリット

著作者:natanaelginting</a>/出典:Freepik


学生がLinkedIn(リンクトイン)を活用する最大のメリットは、各業界リーダーやプロフェッショナルな方、将来転職する可能性のある企業担当者と直接つながる機会を得られることです。さらに、LinkedIn(リンクトイン)は就職活動だけでなく、キャリア構築の初期段階においても貴重なツールとなります。


具体的には、業界で経験豊富な方々と繋がりを形成し、コミュニティーへの参加をすることで直接アドバイスを受けることができ、それが自身のスキルアップやキャリアの選択肢を広げることへつながります。何よりも、他の人のキャリアが見えるため、「こういうキャリア面白いな』「こうやってキャリアを作れば良いのか!」と気づきがあると思います。このような情報を得られることもメリットになるでしょう。



学生ならこうやって使ってみよう!

効果的なLinkedIn(リンクトイン)の活用には、積極的にネットワーキングし、繋がりを広げることが不可欠です。関心のあるテーマのフォローや関連するグループへの参加を通して、専門的な知識を共有することで、業界内での存在感を高めることができます。


また、興味のある分野のイベントやウェビナーに参加することも、新たな人脈を築く良い機会です。社内だけでは知り合うことのできない人たちとの交流で、自分の視野を広げることで新しい経験や知識が得ることができます。



グローバルな学生こそLinkedIn(リンクトイン)!

LinkedIn(リンクトイン)は世界中で活用されていることから、グローバルなキャリア構築がしやすいこともあり、外資企業で活躍したいと考える学生には最適なSNSです。LinkedIn Learningをはじめとする教育リソースを利用すれば、必要なスキルや知識を身につけ、世界中の企業と直接つながることが可能です。特にグローバルに活躍したい学生が使うことで、キャリアの選択肢を大きく広げることができます。


LinkedIn(リンクトイン)は、外資系の企業が多く活用しており採用担当者などは頻繁にチェックしているプラットフォームです。外資系企業への就職を目指す学生はまずは登録をして、実際に使ってみることでどんな企業が求人を出しているのかを確認してみるのも良いかもしれません。



企業の採用担当社がLinkedIn(リンクトイン)で学生を探す方法とは?

LinkedIn(リンクトイン)を使って企業の採用担当者が学生を探したいときは、以下のような条件で探します。

  • 出身学校

  • 専攻

  • 何をしたいのか

  • 学外活動


上記の情報は、LinkedIn(リンクトイン)を学生が使う時に、自分でプロフィールに書き込むことができます。可能な限り自分の情報をオープンにすることで企業の採用担当者は探しやすくなるので記入しておきましょう。


学生がLinkedIn(リンクトイン)を使う際に、一番重要なのは「何をしたいのか」という情報です。「私はこういう仕事がしたい!」「こういうことに興味を持っている」という内容を記載しておくと、採用担当者からすると声をかけやすくなり、お互いにとって良いマッチングが生まれるでしょう。



LinkedIn(リンクトイン)は学生こそ積極的に使うべきSNS!

これらのことから、いくつかの観点でLinkedIn(リンクトイン)は学生が使いべきツールであるということがいえます。

  • 学生こそ積極的にLinkedIn(リンクトイン)を使って自分の視野を広げて交流してみよう!

  • 特にグローバルな環境で働きたい人は必須のSNS!

  • 自分が何をしたいのかを明確に書いておこう!



潜在層採用なら「AUTOHUNT」

AUTOHUNTは、LinkedIn(リンクトイン)をはじめとしたSNSやWEB上のオープンデータと連携し、400万以上のデータベースから適切な人材を見つけることができる国内最大級の非登録型採用サービスです。


中途採用だけでなく、新卒採用でもビジネス感度の高い、

今まで出会えなかった優秀な人材へいち早くアプローチしませんか?



閲覧数:14回0件のコメント

Comments


bottom of page