top of page

LinkedIn(リンクトイン)はログインしないで見れる?サインインせずに使える機能をご紹介します。



世界最大のビジネス特化型のSNS、LinkedIn(リンクトイン)。利用者数は全世界9億人以上と言われています。日本でもLinkedIn(リンクトイン)は300万人以上の利用があると言われ、日本国内でも徐々に利用者が増えています。各主要のSNSの利用者と比較すると少ないように見えますが、Wantedlyやビズリーチなどの転職サービスと同等のユーザー数が存在しています。


本記事では、LinkedIn(リンクトイン)のログイン方法について説明します。


・LinkedIn(リンクトイン)はログインしないで使用できるか知りたい。

・LinkedIn(リンクトイン)のアカウントがなくても利用できる機能が知りたい。

このような方はぜひご覧ください。


===

目次

===


LinkedIn(リンクトイン)にログインしないで見る方法

LinkedIn(リンクトイン)では、自身のアカウントにログインしないで利用できる機能がいくつかあります。しかし、アカウントを持っているユーザーと比べると見ることのできるページや利用できる機能は限定的となっているため、最大限利用する場合はアカウントの作成が必要です。


アカウントを持っていない場合でも、ログインしないで見ることのできるページやアクセスできる機能はこちらです。


ユーザーの検索

LinkedIn(リンクトイン)のユーザーのプロフィールが公開設定になっている場合に限り、GoogleやYahooなどの検索エンジンで名前やプロフィールを検索することでユーザーが公開しているプロフィールページを閲覧できることがあります。しかし、どの情報が見えるかはユーザーのプライバシー設定に依存します。


求人検索

企業によっては、LinkedIn(リンクトイン)の企業ページに求人を公開していることがあります。公開されている求人のうち、特定の職種や地域での求人は検索することができます。しかし、興味を持った求人に応募する場合や詳細情報を閲覧するためには自身のアカウントが必要になります。


確認・閲覧することができる情報やページ

公開されている記事やポストに関してはアクセスし、内容を閲覧することができます。特に、著名な専門家やインフルエンサーが公開投稿しているコンテンツは、アクセスできることが多く、ニュース記事や業界の洞察などが含まれます。



アカウントがない場合に見ることができない機能

ユーザーのプロフィール情報のうち、完全なプロフィール情報、経歴、教育歴、スキルなどはアカウントを持っているユーザーのみが閲覧可能です。


その他にも、他のユーザーとの繋がり構築、メッセージの送受信、おすすめのコネクションの表示など、ネットワーキングに関連する全ての機能を利用するためには自身のアカウントが必要となります。


また、LinkedIn Learningというプラットフォームを利用してスキルアップを図るための教育プログラムなども存在しますが、こちらにアクセスするためにもアカウントが必要です。


LinkedInのフル機能を活用するためには、アカウントの登録をお勧めします。登録後はネットワーキング、求人への応募、スキルの学習、業界の洞察の共有など、さまざまな活動が可能になります。



LinkedInの活用方法に関して、以下のテーマは別の記事にまとめていますのでご興味あればこちらもご覧ください。

・LinkedIn(リンクトイン)で返信がもらえるメッセージ方法


・LinkedIn(リンクトイン)の足跡は見られてる?確認方法を解説します。



潜在層採用なら「AUTOHUNT」

AUTOHUNTは、LinkedIn(リンクトイン)をはじめとしたSNSやWEB上のオープンデータと連携し、400万以上のデータベースから適切な人材を見つけることができる国内最大級の非登録型採用サービスです。


今まで出会えなかった優秀な人材へいち早くアプローチしませんか?



閲覧数:50回0件のコメント

Kommentare


bottom of page