top of page

Twitter(ツイッター)採用は可能か?採用方法も含めて解説します。


Twitter_OGP

はじめに

Twitter(ツイッター)は、2006年にアメリカで誕生した世界中で利用されているSNSの一つで、ユーザー数は世界約3億人、日本でも約4,500万人が利用しています。

ユーザーは140字以内(半角280文字)の短い投稿を共有することができるプラットフォームで、「おはよう」から「おやすみ」までの日常のつぶやきから、情報の発信・さらには有名人への返信(リプライ)をすることもできます。

※現在はTwitter Blueという有料プランがあり、2,000字以内(半角4,000文字)まで文字数制限が解放されます。


またテキストだけでなく、写真や動画も投稿することができ、Twitte(ツイッター)は、有名人や企業が情報発信やコミュニケーションを行う場としても利用されています。

多くのフォロワーを持つことで、ビジネスにも利用されることが多いです。


ちなみにTwitter(ツイッター)は日本国内ではLINE、YouTubeに次いで利用者の多いSNSです。

ユーザーは20代が多く、平均年齢は36歳です。


SNS採用についてはこちらをご参考ください。



目次


AUTOHUNT|今まで会えなかった優秀な人材を見つけ出す



Twitter(ツイッター)の特徴

リアルタイム性

Twitter(ツイッター)は、リアルタイムで情報を共有することができるのが大きな特徴です。

例えば、新商品の発売やイベントの告知など、リアルタイムな情報を発信することで、多くの人々にアピールすることができます。

検索画面にも検索トレンドがあることから、トレンドに敏感なプラットフォームで、最新の情報を求めたユーザーも多いです。


Twitter|検索画面


拡散性

Twitter(ツイッター)は他のSNSと比較して#(ハッシュタグ)付きの投稿やリツイートが頻繁に行われてます。

善悪の情報を問わず、注目を集めるとそのままの勢いで拡散されていくのがTwitter(ツイッター)の大きな特徴です。

バズった(ものすごく拡散されること)投稿は、テレビやネットニュースなどで取り上げられることも多く、媒体を問わず認知が広がっていくこともあります。


匿名性の高さ

Twitter(ツイッター)は本名や年齢に関わらず、リアルコミュニティのみをフォローするという文化がないので、本人情報を隠して匿名で情報発信することが簡単にできます。

それゆえ、同じ趣味趣向を持つ会ったことのないユーザーとも気軽に交流することが可能です。


Twitter(ツイッター)採用のメリット


Twitter_アイコン

拡散力がある

Twitter(ツイッター)の特徴でも記述しましたが、拡散力がTwitter(ツイッター)において大きな特徴です。

アカウントの大きさに関わらず、注目をされるようなツイートや、トレンドに沿ったツイートをすることで拡散され、より多くの人に情報が届くこともあります。

つまり採用活動においての転職潜在層への認知の獲得機会となる可能性があります。


求人コストを削減できる

Twitter(ツイッター)は基本無料で利用できるプラットフォームとなっているので、求人掲載プラットフォームのようにお金をかけずとも、採用活動が可能です。

ただし、アカウント運用という観点では時間がかかってくるので、運用に際した人件費を考慮する必要があります。

しかしうまく運用ができれば低コストで人々に企業の情報を届けることができます。


更新ハードルが低い

その点Twitter(ツイッター)は短い(140字)文字が中心となり、比較的更新がしやすいプラットフォームです。

SNS採用(ソーシャルリクルーティング)においては更新頻度が非常に重要となってくるので、Twitter(ツイッター)での採用をするとなれば導入ハードルが下がります。


Twitter(ツイッター)採用のデメリット

炎上リスク

Twitter(ツイッター)アカウントで企業が採用活動をするにおいて最も気をつけなければならない点がこの炎上リスクです。

Twitter(ツイッター)の性質上、「拡散力が高い」「投稿ハードルが低い」という点からも、誤った投稿によって炎上しやすくなっています。

特に採用においては、多くの転職潜在層に注目されるために過激な投稿をしてしまうことに注意する必要があります。

投稿前に第三者に投稿内容を見てもらうことで炎上リスクを低くすることができるでしょう。


時間がかかる

Twitter(ツイッター)においては、1ツイート目からアカウントが伸びることはなく、着実に伸ばしていく必要があります。

また、最初から採用情報を載せても効果が出ることは少ないでしょう。

ですので事前に目標や戦略を練った状態で、長い目で見てアカウント運用をしていく必要があります。


Twitter(ツイッター)採用の手法や手順


Twitter(ツイッター)アカウントの作成

まずはTwitter(ツイッター)でアカウントを作成しましょう。

ユーザーがひと目みてわかるように、必ずアカウント名に企業名を明記してください。


社内の雰囲気や求人情報の発信

採用アカウントはHPにないような企業の内側を知ってもらう絶好の機会があります。

企業の採用活動に興味を持ってもらえるような投稿が必要となるので、社内行事や社内の雰囲気がわかるような情報を揃えておきましょう。


また、自社にとっての有益な情報のみならず、ついフォローしたくなるような投稿にも心がけるといいでしょう。

そうすることによって、フォロワーを獲得できる可能性が高まります。


採用系のイベントの告知

採用イベントへの出展などを開催する場合、Twitter(ツイッター)で告知を行いましょう。

告知については、ギリギリになってからではなく、1ヶ月前告知のように余裕を持って告知をすることがおすすめです。


また、開催間近になったら再度情報を投稿するか、リツイート機能を使ってお知らせすると親切です。


コミュニケーションの丁寧さ

Twitter(ツイッター)で求職者とコミュニケーションを取る際には、発言内容には十分に注意しましょう。

特にリプライのようなオープンな形で行うやりとりは、他の求職者に見られていることも常に意識をする必要があります。


また、求職者との距離も近いプラットフォームなため、極力スピード感を持って、コミュニケーションすることを心がけてください。

求職者とのエンゲージメントも上がっていきます。


もし返信内容に迷うことがあれば、投稿前に社内の別の人に見てもらうと、より丁寧な返答になるかもしれません。


Twitter(ツイッター)採用の注意点


Twitter(ツイッター)採用にあたって、注意点もあります。

まず、投稿は公開されるため、内容には細心の注意を払う必要があります。

個人情報や機密情報など、公開してはいけない情報を投稿しないように気を付けましょう。

また、返信やDMへの返信は、丁寧かつ迅速に行うことが大切です。フォロワーとのコミュニケーションが取れることが、Twitter(ツイッター)採用の成功につながります。

Twitter(ツイッター)の注意点には、以下のようなポイントがあります。

  • 投稿内容に注意(個人情報や機密情報などの公開は避ける)

  • 返信やDMへの返信は迅速に行う

  • フォロワーとのコミュニケーションを大切にする


AUTOHUNTでより転職潜在層にアプローチを

「AUTOHUNT」であればTwitter(ツイッター)のみならず、さまざまなウェブ上に公開され、分散している人材情報をプールしており、優秀な転職潜在層にもアプローチすることが可能です。

また興味のあるユーザー情報を「AUTOHUNT」上で管理することもできるので、採用業務の工数削減にもつなげられます。

今まで出会えなかった優秀な人材へいち早くアプローチしませんか?

少しでも気になったらお気軽にお問い合わせください。


AUTOHUNT|今まで会えなかった優秀な人材を見つけ出す


閲覧数:26回0件のコメント

Comments


bottom of page