top of page

LinkedIn(リンクトイン)で返信がもらえるメッセージ方法

ビジネス特化SNSのLinkedIn(リンクトイン)にはスカウトメッセージを送信する機能があります。

他の求人サイトにもオファー機能は存在しますが、LinkedIn(リンクトイン)の性質上アプローチが異なります。

今回はLinkedIn(リンクトイン)で成果が出やすいメッセージを紹介します。


目次





LinkedIn(リンクトイン)を活用したソーシャルリクルーティングとは?


LinkedIn(リンクトイン)を活用したソーシャルリクルーティングは、ビジネス特化SNSであるLinkedIn(リンクトイン)を活用して、効果的な人材獲得を行う手法です。

従来の求人広告や採用活動に比べて、よりターゲットに合った候補者との接触や関係構築が可能となります。


ソーシャルリクルーティングのメリット


ターゲットの特定

LinkedIn(リンクトイン)はビジネスプロフェッショナルの集まるプラットフォームであり、特定の業界や職種に関心を持つ人々が集まっています。

メディア特性を理解することで、ターゲットとなる求職者をより正確に探すことができます。


プロフィール情報が活用可能

LinkedIn(リンクトイン)上のプロフィール情報は、経歴やスキル、業務内容などの詳細な情報の記載をされていることが多く、ユーザーの能力や適性を事前に把握し、適切なメッセージを送ることができます。


相互の関係構築


LinkedIn(リンクトイン)では、候補者とのつながり繋がりを築くことが可能です。

これにより、直接的なコミュニケーションや情報共有が可能となり、長期的な関係の構築ができます。


ソーシャルリクルーティングを成功させるためには、LinkedIn(リンクトイン)のプロフィールやネットワークを活用し、ユーザーとの関係を築くことが重要です。次のセクションでは、LinkedInから効果的なメッセージを送る方法について解説します。


LinkedIn(リンクトイン)から効果的なメッセージを送る方法


Basic(無料)アカウント


Basic(無料)アカウントの場合はつながりのあるユーザーのみメッセージにて連絡をとることができます。


Premium(有料)アカウント


Premium(有料)アカウントではInMailという機能が利用できます。

InMailとはLinkedIn(リンクトイン)内でつながりのないユーザーと直接メッセージをすることができます。

つながりのないユーザーと連絡が取れると採用確度は格段に上がってきます。

※メッセージの環境設定でInMailの受け取りを許可していないメンバーにメッセージを送信することはできません。


InMailメッセージは、件名に200文字、本文に最大2000文字まで入力できます。


また利用手順は以下の通りです。


①InMailメッセージを送信するには以下の手順を実行します。 ②InMailメッセージを送信するメンバーのプロフィールに移動します。 ③メッセージページやスレッドウィンドウでメンバーを検索し、新しいInMailメッセージを送信することもできます。 ④紹介セクションの [その他] ボタンをクリックします。 ⑤ドロップダウンから [[メンバー名] さんにメッセージ] を選択します。 ⑥[新規メッセージ] ポップアップウィンドウの [件名] フィールド (オプション) に入力します。 ⑦テキストボックスにメッセージを入力します。 ⑧[送信] をクリックします。

LinkedIn(リンクトイン)から送るメッセージのルールを知る


パーソナライズしたメッセージの作成


LinkedIn(リンクトイン)のユーザーは多くのオファーメッセージを受信しております。

そのため、目に見えるような定型文を送ると、候補者にもわかってしまい、返信率は大幅に下がるでしょう。

メッセージ送信前にプロフィールを詳細に確認し、「〇〇さまのA社でのプロジェクト△△での苦労されながらもKPI達成をされたことに非常に興味を引かれ、ご連絡申し上げました。」のような個別化されたメッセージを送ることが重要です。


相手は自分を見てくれていると感じ、返信率が高くなる期待もできます。


メリットを伝える


オファー候補者の関心や目標に合わせたアプローチを行うことで、関心を引きつけることができます。

具体的なポジションやプロジェクトに関連する情報や成果を共有し、彼らが自社で働くことのメリットを伝えましょう。

  • キャリアアップも見込める

  • 年収アップが目指せる

  • 経験業務の磨き込み、未経験領域へのチャレンジができる環境がある

  • 新規事業の責任者ポジションがある

上記のようなことを細かく伝えると、相手の心が動き、信頼関係の構築につながるかもしれません。


シンプルなメッセージ


採用担当者の時間を尊重し、短くて明快なメッセージを送ることが重要です。

候補者はハイクラス層で時間もないため簡潔な情報を求めています。

重要なポイントを強調し、具体的な行動を促すようなメッセージを作成しましょう。


オファー候補者が返信しやすい内容の作成


メッセージには、返信をしやすい内容を作成することが重要です。

質問や面接の日程調整をスムーズに行うためのリンクや連絡先を提供しましょう。


上記のポイントに留意しながらLinkedIn(リンクトイン)からメッセージを送ることで、採用候補者との効率的なコミュニケーションを測ることができ、優れた人材をメッセージで獲得しやすくなります。


LinkedIn(リンクトイン)から送るメッセージ作成のコツ(例文)


ここで前述のルールに則って、メッセージの例文を作成していきます。


要件ファースト


こちらは自己紹介の前に要件(メールでいう題名)をつけるような形です。


(例)

【責任者・幹部候補募集】一緒に会社を大きくしていくメンバーを募集しております。


相手のプロフィールに添ったメッセージ


(例)

〇〇様のプロフィールを拝見し、トップセールスマンとしてご活躍されているとお見受けしたので、お声がけいたしました。


メリットを伝える


(例)

現在当社では事業拡大のため、新規事業の営業を担っていただける方を募集しております。

募集に当たって以下のご経験ができます。

  • 0→1から新規事業に携われる

  • 組織の責任者になれる

  • CEO直下でスピード感を持ってビジネスを動かす

  • 最終的には分社化を考えており、経営に携われる可能性がある

なお、〇〇様への特別オファーとなりますので、現職の給料以上は保証させていただきますので、ご興味ありましたらお気軽にご連絡ください。


返信しやすい内容


(例)

少しでも、ご興味がありましたらまずはカジュアル面談をできればと思っております。

ご希望がございましたら3つほど日程をご提示いただけますと幸いです。


※ご返信フォーマット※

興味あり。

  • 第一希望:○/△ 00:00~00:00

  • 第二希望:○/× 00:00~00:00

  • 第三希望:○/○ 00:00~00:00

LinkedIn(リンクトイン)からメッセージを送ることが手間なら・・・?


LinkedIn(リンクトイン)ではオファー候補者を自ら調べ、その候補者のプロフィールに適したメッセージを送ることが重要になってきます。


本記事をまとめると以下のポイントが大切となります。


  • メッセージ方法は2種類あり、Basic(つながりのあるユーザーのみ)とPremiumプラン(つながりのないユーザーもメッセージ可能)がある。

  • メッセージはオファー候補者別に合わせた文章作成が必要。

一口にLinkedIn(リンクトイン)と言ってもユーザーによって利用目的はさまざまですが、いわゆる転職潜在層が多いことは確かです。


LinkedIn(リンクトイン)で優秀な人材を囲い込みたいが、なかなかうまくいかないとお悩みの担当者の方も多いかと思います。

「AUTOHUNT」なら手間要らずで、LinkedIn(リンクトイン)とも連携したAIデータベースから求人に対してピッタリな人材を見つけることが可能です。


特許取得済みの技術を持っており、プールした人材をAIによってマッチングさせることで、採用業務の工数削減にも繋げることもできます。


今まで出会えなかった優秀な人材へいち早くアプローチしませんか?




閲覧数:1,851回0件のコメント

Comentários


bottom of page