top of page

LinkedIn(リンクトイン)の足跡は見られてる?確認方法を解説します。

更新日:3月6日

目次


LinkedIn(リンクトイン)での足跡確認方法、自分の足跡は見られている?

LinkedIn(リンクトイン)では、自分のプロフィールを閲覧した他のユーザーの足跡を確認することができます。

自分の足跡は「プロフィールを閲覧したユーザー」の通知として相手に表示される仕組みです。

足跡の確認方法と自分の足跡が他のユーザーにどのように見えるかについて詳しく解説します。


足跡とは


Linkedin_足跡1

LinkedIn(リンクトイン)における足跡とは、他のユーザーがあなたのプロフィールを訪問した際に発生する通知のことを指します。

足跡は相手に「あなたのプロフィールを閲覧したユーザー」の情報を提供し、興味を持ったユーザー同士の交流のきっかけとなります。このセクションでは、足跡の目的と役割について詳しく説明します。


LinkedIn(リンクトイン)の足跡は、プロフィール閲覧者と閲覧された側の双方にとって有益な情報です。

プロフィール閲覧者は自分が興味を持った人々のプロフィールを追跡し、関心を持つ業界や職種の専門家を見つけることができます。

一方、自分のプロフィールを閲覧してくれたユーザーには、興味を示してくれた人物がいることを知り、コミュニケーションのきっかけとなるでしょう。


足跡はLinkedIn(リンクトイン)の重要な機能の一つであり、ビジネスネットワーキングにおいて相互の関係を築くためのツールとして活用されています。






AUTOHUNTは日本の人事部「HRアワード」2023

 人材採用・雇用部門 「最優秀賞」を受賞しました。












足跡を確認するには


LinkedIn(リンクトイン)で自分の足跡を確認する方法はまず、LinkedInのトップバーにある自身のプロフィールをクリックし、「統計データ」を確認します。

ここには、最近あなたのプロフィールを閲覧したユーザーの一覧が表示されます。また、プロフィールを閲覧したユーザーには通知が送られ、相手があなたの足跡を確認できるようになります。


LinkedIn_足跡2


足跡機能については無料プランとプレミアムプランで確認できる範囲が変わってきます。

無料アカウントの場合、自分と直接つながりのない人の閲覧履歴は確認できませんが、有料アカウントでは、直接つながりのない人でも閲覧履歴に表示されます。


他のユーザーが足跡を確認する際は、相手のプロフィールを閲覧することで通知が表示されます。

相手がプライバシー設定で足跡の通知をオフにしている場合は表示されないこともありますが、通常は足跡が相手に知られる仕組みです。


足跡がつかない方法


しかし中には、転職検討中に同僚や採用担当者に見られることがいやな方もいるかと思います。

そこでLinkedIn(リンクトイン)で足跡が自分のプロフィールを閲覧しても、相手に足跡が通知されないようにする方法や、他のユーザーのプロフィールを閲覧する際に足跡を残さない方法について説明します。


足跡を残さない方法としては、プライバシー設定を調整することが重要です。

プライバシー設定では、プロフィール閲覧時の足跡通知をオフにする設定があります。

この設定を有効にすることで、自分が他のユーザーのプロフィールを閲覧しても足跡が表示されなくなります。


LinkedIn_足跡3

LinkedIn_足跡4

LinkedIn_足跡4


まとめ

本記事に紹介したように、足跡は設定次第で表示することが可能です。

各個人の利用用途に応じて設定を変更するといいでしょう。


LinkedIn(リンクトイン)でより良い出会いをするためにはプレミアムプランに入ることで、まだつながりのない人とのコミュニケーションがとれるかもしれません。


LinkedIn(リンクトイン)の機能に関して知りたい方は以下の記事も参考にしてみてください。



LinkedIn(リンクトイン)採用を効率化させるなら「AUTOHUNT」

AUTOHUNTはLinkedIn(リンクトイン)をはじめとしたSNSやWEB上のオープンデータと連携しているので、データベースから求人に対してピッタリな人材を見つけることが可能です。

今まで出会えなかった優秀な人材へいち早くアプローチしませんか?





AUTOHUNTは日本の人事部「HRアワード」2023

人材採用・雇用部門 「最優秀賞」を受賞しました。



閲覧数:15,816回0件のコメント

Comments


bottom of page