top of page

linkedIn(リンクトイン)で求人は可能?活用する際のポイント解説

更新日:2023年7月17日

採用担当者なら一度は聞いたことがあるであろうビジネス特化型SNSのLinkedIn(リンクトイン)。

しかし実際どのように求人を出したり、採用まで辿り着くにはどうすればいいかまではわからない・・・。

そんな採用担当者のために今回はこのようなことについて記載していきます。


目次

LinkedIn(リンクトイン)とは


LinkedIn(リンクトイン)は、全世界で約9億人が利用する世界最大のプロフェッショナルネットワーキングサイトであり、ビジネスの世界でのつながりとキャリアの発展に役立つサービスです。

LinkedIn(リンクトイン)は、個人のプロフィールや職歴、スキル、業界のつながりなどを活用して、ビジネスの機会や求人情報を提供します。


LinkedIn(リンクトイン)を活用することで、企業は求人広告を掲載し、優秀な人材を獲得することができます。

求職者は、自身のプロフィールを充実させ、業界の専門家とつながりを築きながら、新たなキャリアチャンスを見つけることができます。


LinkedIn(リンクトイン)の求人掲載は、一般的な求人媒体と比較して多くのメリットがあります。

例えば、LinkedIn(リンクトイン)のユーザーはビジネスに関心を持つプロフェッショナルが多く、高いレベルのスキルや経験を持つことが期待されます。

また、LinkedIn(リンクトイン)は個人のつながりを活用して求人情報を拡散し、共有する仕組みも備えています。


次のセクションでは、LinkedIn(リンクトイン)求人のコツについて詳しく解説します。


LinkedIn(リンクトイン)求人のコツ


LinkedIn(リンクトイン)の求人掲載は、採用活動を効果的かつ効率的に進めるための手段として広く活用されています。

LinkedIn(リンクトイン)で求人を掲載する際のコツについて詳しく解説します。


魅力的な求人の作成方法


求人文は、求職者に興味を引き、自社の魅力を伝える重要な要素です。

以下のポイントに注意して求人文を作成しましょう。


  • 具体的な職務内容と求められるスキルを明確に記載する。

  • 自社のカルチャーや働く環境の特徴を強調する。

  • 印象に残るタイトルを作成し、求職者の興味を引きつける。


ターゲットオーディエンスに合わせたアプローチ


求人を掲載する際は、求める人材の特徴や職務経験に基づいてターゲットオーディエンスを設定しましょう。その上で、以下のアプローチを検討します。


  • ターゲットとなる業界や職種に関連するキーワードを活用する。

  • 専門的なスキルや経験を持つ求職者にアピールする。

  • カスタムメッセージや個別のアプローチを行い、求職者との関係性を構築する。


キーワードの選定と効果的なタイトルの作成


LinkedIn(リンクトイン)では、求人情報の検索結果はキーワードに基づいて表示されますので、適切なキーワードを選定することが非常に重要です。

また、求人のタイトルも重要な要素です。以下のポイントに留意してタイトルを作成しましょう。


  • 求職者がよく検索するであろうキーワードを盛り込む。

  • わかりやすく、興味を引くタイトルを作成する。

  • ユニークな特徴や魅力を示すキャッチコピーを活用する。


LinkedIn(リンクトイン)を効果的に活用するためには、魅力的な求人文を作成し、ターゲットオーディエンスに合わせたアプローチを行い、適切なキーワードとタイトルを選定することが重要です。


LinkedIn(リンクトイン)アカウントの作り方


①登録ページにアクセス


LinkedIn(リンクトイン)の公式ウェブサイトにアクセスし、登録情報を入力していきます。


登録時に必要となるのは以下の情報です。


  • メールアドレス

  • パスワード

  • 氏名


linkedin_recruit


②プロフィールの設定


LinkedIn(リンクトイン)のプロフィールを充実させることで、他のユーザーとのつながりや求人機会を増やすことができます。以下のポイントに留意してプロフィールを設定しましょう。


  • 職歴・学歴:過去の職歴や学歴を正確に記載しましょう。職務内容や役割、達成した成果などを具体的に説明することで、自身の専門性や経験をアピールできます。

  • スキル・資格:自身の持つスキルや資格をリストアップしましょう。特に、求人検索の際にスキルキーワードが活用されるため、関連性の高いスキルを重点的に記載しましょう。また、必要なスキルの認証を受けている場合は、認証バッジを表示することで信頼性を高めることができます。

  • 自己紹介文:プロフィールの自己紹介文は重要な要素です。短い文で自身の専門性や価値を端的に伝えましょう。具体的な実績や専門分野、興味や目標などを盛り込んで、他のユーザーの興味を引くような自己紹介文を作成しましょう。

  • 推薦文:LinkedInでは、他のユーザーからの推薦文を受け付けることができます。過去の同僚や上司、取引先からの推薦文は信頼性を高めるため、積極的に依頼してみましょう。


プロフィールの設定は継続的な作業であり、自己成長や新たな成果を反映するために定期的に更新することが重要です。プロフィールを充実させることで、LinkedIn(リンクトイン)を活用した求人やビジネスの機会をより多く得ることができます。


③コンタクトの追加


LinkedIn(リンクトイン)では、同僚、知人、ビジネスパートナーなどのコンタクトを追加することで、自身のネットワークを広げることができます。メールアドレスなどの連絡先を提供するか、他のソーシャルメディアアカウントを経由してコンタクトを追加しましょう。


【コンタクト追加の画像貼付】



LinkedIn(リンクトイン)のプロフィールで押さえるべきポイント


LinkedIn(リンクトイン)のプロフィールは、自己紹介や職歴、スキルなどの情報をまとめた重要な要素です。以下では、プロフィールを充実させるために押さえるべきポイントについて解説します。


プロフィール写真


プロフィール写真は、第一印象を左右する重要な要素です。以下のポイントに留意して適切なプロフィール写真を選びましょう。


  • プロフェッショナルな印象を与えるため、明るい背景や適切な衣装を選びます。

  • 笑顔や自信のある表情を心掛けましょう。

  • 顔がクリアに見える鮮明な写真を使用します。


職歴やスキルの明確な記載


自身の職歴やスキルを詳細に記載することで、他のユーザーに自身の専門性や経験をアピールすることができます。


  • 各職務の役割や貢献、達成した成果を具体的に記述します。

  • スキルセクションでは、自身が持つスキルや専門知識をリストアップしましょう。

  • スキルの認証を受けている場合は、認証バッジを表示し信頼性を高めます。


自己紹介文の作成


自己紹介文は、短い文で自身の価値や専門性を伝える機会です。以下のポイントに留意して自己紹介文を作成しましょう。

簡潔で魅力的な文言を使用し、興味を引くようにします。


  • 自身の専門性や特徴、強みを強調します。

  • エレベーターピッチのコンセプトを活用し、30秒程度で自己紹介が可能な文を作成します。


プロフィールはLinkedIn(リンクトイン)上での最初の印象を与える重要な要素です。プロフィール写真や職歴、スキルの明確な記載、自己紹介文の作成などに時間をかけて充実させることで、他のユーザーとのつながりや求人機会の創出につながります。



LinkedIn(リンクトイン)で求人情報を掲載する手順


求人掲載方法


①会社ぺージを作成する。


以下の手順で会社ページを作成します。


  • LinkedIn(リンクトイン)ホームページの右上にある [仕事] アイコンをクリックします。

  • 下にスクロールして、[会社ページを作成 ] をクリックします。

  • ページのタイプを選択します。

会社

プロモーションページ

教育機関

  • [ページのアイデンティティ]、[会社または機関の詳細]、[プロフィールの詳細] の各情報を入力します。

  • 検証ボックスにチェックマークを入れて、会社または学校を代表して行動する権限があることを確認します。

  • [ページを作成] ボタンをクリックします。

  • 赤いエラーメッセージが表示された場合は、ページの作成に関するトラブルシューティングを試してください。

  • [ページの作成を開始しましょう。] をクリックしてLinkedIn(リンクトイン)会社・団体ページを完成させます。

※上記公式サイトより


②ログインしてページ内の「求人」ボタンをクリック


LinkedIn(リンクトイン)にログインし、ページ内にある「求人」のアイコンをクリックします。


③求人情報の作成


「求人を掲載する」ボタンをクリックして求人掲載を作成します。

以下の情報を入力しましょう。


  • 求人のタイトル

魅力的で明確な求人タイトルを設定します。

  • 職務内容

仕事の詳細な説明と求められるスキルや資格を記載します。

  • 応募資格

必要な学歴、経験、スキルなど、求職者に求める要件を明示します。

  • 給与や福利厚生

給与水準や福利厚生の内容を記載します。

  • 勤務地

勤務地やリモートワークの可否を明記します。

  • 応募方法

求人サイトからなのか、それともHPから応募なのかなどの情報を記載します。

  • Eメールアドレス

  • 会社ホームページURL

  • 採用担当者への送信の有無


求人詳細が人を集める鍵になるので、より丁寧に記載するようにしましょう。


求人広告の方法


求人広告の設定を行います。以下の項目に留意して設定しましょう。


求人方法の設定

  • ターゲットオーディエンスの設定

求める人材に合わせて、地域や業界などのターゲットオーディエンスを指定します。

  • 予算と期間の設定

求人広告の予算や掲載期間を決定します。


掲載内容の確認と公開


求人情報の内容を確認し、必要な修正を行います。

修正が完了したら、求人広告を公開します。


LinkedIn(リンクトイン)では、求人情報の掲載を効果的に行うために、求人タイトルの魅力化、職務内容や応募資格の具体的な記載、ターゲットオーディエンスの設定などが重要です。

また、求人広告の予算や期間の設定も慎重に行いましょう。



LinkedIn(リンクトイン)の求人掲載の料金プラン


LinkedIn(リンクトイン)の求人情報の掲載は、他社の求人掲載サイトと異なり、求人をクリックするたびに料金が発生するクリック課金となっています。


求人を見るだけではお金がかからず、求人をクリックした際に初めて課金されます。

必ず興味がある層が見て課金をされるというのは非常に合理的です。


予算の設定方法は、日ごとや全体の予算を入力することで設定可能です。


1日の予算を選択した場合、実際の請求金額は、1日の予算と候補者による求人閲覧数に応じて変化します。予算合計を選択した場合、候補者による求人閲覧数に応じて、約30日間にわたってその一定の金額が請求されます。

予算に達すると求人掲載が一時停止されます。


他社の求人掲載サイトは職種や月額で固定されている中、LinkedIn(リンクトイン)はクリック課金方式なので工夫次第では効率的に採用することができます。


また、LinkedIn(リンクトイン)の求人掲載料金はクレジットカードからの引き落としになるので、クレジットカードの登録が必須となりますのでご注意ください。


LinkedIn(リンクトイン)の求人掲載をもっと効率化するなら「AUTOHUNT」


LinkedInは他のSNSにはないビジネスに特化しており、ゆえに採用活動に利用すると非常に便利です。

ですが、何から始めていいかわからない方も多くいると思います。


「AUTOHUNT」なら何から始めていいかで悩むことはなく、SNSとも連携したAIデータベースから求人に対してピッタリな人材を見つけることが可能です。


特許取得済みの技術を持っており、プールした人材をAIによってマッチングさせることで、採用業務の工数削減にも繋げることもできます。


今まで出会えなかった優秀な人材へいち早くアプローチしませんか?



autohunt_linkedin


閲覧数:152回0件のコメント

Comments


bottom of page